一時預かり事業

保護者就労形態の多様化等により家庭における保育が断続的に困難となる家庭や、保護者の病気や出産等により一時的に子どもの保育が困難となる家庭、また、育児に伴う保護者の精神的、肉体的負担の軽減が必要な家庭を対象に、一時的にお子さんをお預かりいたします。

一時保育の内容img_ichiji_01
非定型的保育サービス
保護者の就労、職業訓練、就学等により、原則として週3日を限度として断続的に家庭保育が困難となる児童を保育します。
緊急保育サービス
保護者の傷病、災害・事故、出産、看護・介護、冠婚葬祭等社会的にやむを得ない事由により、緊急・一時的に家庭保育が困難となる児童を2週間を限度として保育します。
私的理由による保育サービス
保護者の育児に伴う心理的・肉体的負担を解消する等の私的理由により、一時的に保育が必要となる児童を週3回を限度として保育します。
P09-10
継続的利用保育サービス
保護者の勤労、就学、職業訓練等、月64時間以上お子さんの保育ができない場合。
保育時間P11-08
午前7時30分~午後6時
日曜日、祝祭日、年末年始(12月29日から1月3日まで)などを除きます。
保護者負担分
3歳未満児は日額2,400円(半日利用の場合1,200円)
3歳以上児は日額1,200円(半日利用の場合600円)
  • 給食をとった場合日額300円を別途負担(午後の半日利用の場合、おやつ代100円)
  • 生活保護世帯及び市町村税非課税世帯の場合は、それを証明する書類等の提出により給食費分のみの負担となります。